NumLockFreezer

[ダウンロード]    サイズ:14.0KB  MD5:AA5C5503501865890A35D85C8D1465B8
設定画面
----------------以下、ReadMe--------------------------------------------------------
*******************************************************************************
【     作者名     】  膳
【    ソフト名    】  NumLockFreezer
【   バージョン   】  Ver1.0.0.0
【    開発言語    】  Visual C#.NET
【 必要ランタイム 】  .NET Framework 2.0
【    対応機種    】  Windows 2000/XP
【     再配布     】  可
【      転載      】  可
【  ホームページ  】  http://www.zenbo.jp/
*******************************************************************************

【  はじめに  】
  このアプリケーションは、NumLockキーの状態を固定するためのものです。
  起動後、タスクトレイに常駐し、指定された間隔でロック状態をチェックして
  設定と異なっている場合、強制的に変更します。
  おまけでCapsLockとScrollLockも固定できます。
  NumLockキーが何であるか分かる人にはこのアプリケーションは不要のため、
  独善的なシステム管理者向けです。
  「入力がおかしくなった!」と毎回呼び出されてもう相手したくなくなった場合にどうぞ。

【  動作環境  】
  .NET Framework 2.0が必要です。別途インストールしてください。
  http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=0856EACB-4362-4B0D-8EDD-AAB15C5E04F5&displaylang=ja
  http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=39C8B63B-F64B-4B68-A774-B64ED0C32AE7&displaylang=ja
  もしくはWindows Updateにて。

【  インストール  】
  ソフトウェアをダウンロードしてください。
  ダウンロードしたファイルを解凍ソフトを使用して解凍します。
  解凍されて出てきたフォルダを適当な位置に移動してください。

【  アンインストール  】
  解凍したフォルダをフォルダごと削除してください。
  レジストリは使用していません。

【  同梱のバッチファイルについて  】
  NumLockFreezer.exeの起動を速くしたい人は、同梱の「install.bat」を実行してください。
  ngen.exeを使用してネイティブイメージをうんたらかんたらして心持ち速くなります。
  ただし、このバッチファイルを使用した場合、「アップデート時」または「アンインストール時」に
  「uninstall.bat」を実行する必要があります。
  この二つのバッチファイルは、NumLockFreezer.exeと同じフォルダで実行してください。

【  使い方  】
  NumLockFreezer.exeを起動してください。
  各キーのロック設定は「設定」を選択することによって変更できます。
  ※初期状態が「変更しない」なので最初にここで設定する必要があります。
  設定を初期状態に戻したい場合は、NumLockFreezer.exeと同じフォルダにある
  NumLockFreezerSetting.xmlを削除してください。
  このファイルは初回起動時(の終了時または設定変更時)に作成されます。

【  再配布   】
  本ソフトウェアはフリーソフトウェアです。
  個人的使用範囲を超えない限り、無許可で自由に配布できます。
  本ソフトウェアは自由に複製し、頒布して構いません

【  免責  】
  作者は本ソフトウェアの動作保証を致しません。
  作者は本ソフトウェアを使用に関して直接、または間接に生るた障害、
  損害について一切の責任を負いません。
  作者は本ソフトウェアの修正、及びバージョンアップの義務を負いません。

【  開発履歴  】
  Ver1.0.0.0(2008/08/31)
    公開。

*******************************************************************************
TOPへ