Norton Updater

[ダウンロード]    サイズ:32.0KB  MD5:50D343EA353048970365E14A1721104F

----------------以下、ReadMe--------------------------------------------------------
*******************************************************************************
【     作者名     】  膳
【    ソフト名    】  NortonUpdater
【   バージョン   】  Ver0.2.1.1
【    開発言語    】  Visual C#.NET
【 必要ランタイム 】  .NET Framework 2.0
【    対応機種    】  Windows 2000/XP
【     再配布     】  可
【      転載      】  可
*******************************************************************************

【  はじめに  】
  このアプリケーションは、LiveUpdateを
  「使えない」「使いたくない」
  人のためのウィルス定義アップデートツールです。

【  動作環境  】
  .NET Framework 2.0が必要です。別途インストールしてください。
  http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=0856EACB-4362-4B0D-8EDD-AAB15C5E04F5&displaylang=ja
  http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=39C8B63B-F64B-4B68-A774-B64ED0C32AE7&displaylang=ja
  もしくはWindows Updateにて。

【  インストール  】
  ソフトウェアをダウンロードしてください。
  ダウンロードしたファイルを解凍ソフトを使用して解凍します。
  解凍されて出てきたフォルダを適当な位置に移動してください。

【  アンインストール  】
  解凍したフォルダをフォルダごと削除してください。
  レジストリは使用していません。

【  同梱のバッチファイルについて  】
  NortonUpdater.exeの起動を速くしたい人は、同梱の「install.bat」を実行してください。
  ngen.exeを使用してネイティブイメージをうんたらかんたらして心持ち速くなります。
  ただし、このバッチファイルを使用した場合、「アップデート時」または「アンインストール時」に
  「uninstall.bat」を実行する必要があります。
  この二つのバッチファイルは、NortonUpdater.exeと同じディレクトリで実行してください。

【  使い方  】
  NortonUpdater.exeを起動してください。
  タスクトレイアイコン右クリックで表示されるメニューから、「アップデート」を選択すると
  更新処理が行われます。
  スケジュールその他の機能は「設定」を選択することによって指定できます。
  
  ウィルス定義ファイルは最新の物のみ、defsフォルダに格納されます。
  更新チェックはこのファイル名と比較して行われますので、最新のウィルス定義は常に
  このフォルダに保存するようにしてください。
  また、更新適用後、最新のウィルス定義以外のファイルを全て削除するため、このフォルダには
  ウィルス定義以外のファイルは置かないようにしてください。

【  再配布   】
  本ソフトウェアはフリーソフトウェアです。
  個人的使用範囲を超えない限り、無許可で自由に配布できます。
  本ソフトウェアは自由に複製し、頒布して構いません

【  免責  】
  作者は本ソフトウェアの動作保証を致しません。
  作者は本ソフトウェアを使用に関して直接、または間接に生るた障害、
  損害について一切の責任を負いません。
  作者は本ソフトウェアの修正、及びバージョンアップの義務を負いません。

【  開発履歴  】
  Ver0.2.1.1(2007/11/17)
    ・更新ファイル取得完了後に、タスクトレイアイコンのメッセージが更新されなかったのを修正。
    ・WEBから更新ファイルを取得する時のデフォルトの設定を変更。
  Ver0.2.1.0(2007/06/22)
    ・不具合修正。
  Ver0.2.0.0(2007/06/22)
    ・定義ファイルの取得先をLAN内共有ディレクトリにも対応。
    ・アップデート中でもアプリケーションを終了できるようにした。
    ・設計大幅見直しのため、Ver0.1.4.0以前の設定ファイルが引き継ぎ不可能になった。
  Ver0.1.4.0(2007/04/21)
    ・更新プログラムを検索時のウィンドウキャプションを指定できるように変更。
    ・ウィンドウ検索時の試行回数・スリープ秒数を設定可能にした。
    ・内部コード修正。
  Ver0.1.3.0(2006/05/31)
    ・ユーザー設定追加。
    ・スケジュール機能追加。
    ・アップデート処理を別スレッドにした。
    ・ngen用バッチファイル同梱。
  Ver0.1.2.0(2006/05/07)
    不具合修正。
  Ver0.1.1.0(2006/04/30)
    不具合修正。
  Ver0.1.0.0(2006/04/25)
    β版公開。

*******************************************************************************
TOPへ